花粉症の原因は?花粉症は、ストレス社会日本ならではの「国民病」です

このページでは、花粉症になる原因について解説していきます。  [非表示

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

アレルギーの一種である花粉症

花粉症の原因、それは一種のアレルギーであることは何となく理解できているとは思いますが、ではそもそもアレルギーとはどういうものなのでしょうか。
人間の身体にはそもそも、ウィルスをはじめとする外敵から身を守るための機能が備わっています。

アレルギーは異物を外に出そうとして起こる

免疫と呼ばれるものもそうですし、例えばくしゃみや鼻水もそう。熱もそうです。
それらは風邪の諸症状なのですが、風邪を引いたからそういう症状が現れるというより、体の中に入ってきた異物をくしゃみや鼻水によって外へ追い出そうとしたり、高熱を発して異物を死滅させようとするなど、人間に元々備わっている防衛本能のひとつなのです

どうして人は花粉に反応するのか

しかし、どうして人は花粉に反応するようになったのでしょうか。
今から30~40年前には、ここまで花粉症患者の数は広がりを見せてはいませんでした。
特定のアレルギー患者の一部が同じような症状に悩まされていた程度の話でした。
ところがここ十数年で、急激に花粉症患者が増えています。

林業の減少も原因のひとつ

まず、大きな原因としてあげられているのが、杉の木の増殖です。
ちょど昭和30年代に盛んに植樹が進められていた杉の木が、ちょうどいま成熟し、たくさんのスギ花粉をばらまくようになったからという説があります。
近年は、林業をはじめとする第一産業従事者が急激に減少し、杉の森の手入れをしなくなったため、花粉が増えてしまったという見方もあります。

ストレスフルな社会

人間の体質の変化も指摘されています。
まずはストレス社会の深刻化によるものとの指摘があります。
アレルギーは自律神経と密接な関係があるとされています。
ご存知の通り、過度なストレスは自律神経失調症を引き起こす可能性もあります。
ストレスフルな社会になってアレルギーを引き起こす人が増えてしまったのでしょう。

衛生観念による免疫力の低下

非常に清潔な環境の中で、人間の免疫力が落ちたという指摘もあります。
気密性の高い住宅に住むようになってハウスダストやダニが増殖し、それがアレルギー体質を引き起こしたという話もよく聞きます。
あとは大気汚染の進行によって、花粉と排気ガスの微粒子が接触して反応。
それが人間の体内に入ったことで、よりアレルギーの原因として強力な力を持ってしまったともいわれています。

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

花粉症はもはや国民病

現在では、国民の約4割が罹患しているとさえいわれ、まさに国民病のように認識されてる花粉症。
このまま進んでいけば、国民のほとんどが花粉症にかかるという時代がやってくるかもしれません。
現在は、杉やヒノキのみならず、約50種もの原因花粉があるとさえ言われており、その種類がさらに増えていく可能性があります。

いつ花粉症になってもいいように

疲れていたりストレスを抱え、免疫が落ちているときに発症がしやすくなり、一度症状が現れると完治することなく、毎年、シーズンになるとなんらかの症状が現れるようになります。
花粉症は非常に厄介な疾患のひとつです。
現在、花粉症ではない方々でも突然、発症する恐れがあるので、覚悟は必要ですが、発症原因をできるだけ排除し、なるべき健康的な生活を維持しておいたほうがよさそうです。