花粉症を薬で治すには。「アレグラ」「ザイザル」がおすすめな理由。

このページでは、花粉症に効く薬について解説していきます。  [非表示

処方薬と市販薬の両方がある

花粉症に効く薬にはどんなものがあるのか?まず、大前提として病院で処方される薬と市中のドラッグストアで購入できる薬に大別されます。
一般的には、病院で処方される薬のほうが、しっかり診療をした医師の見立てによって処方されるので、比較的効果を実感しやすくなっています。

市販薬は、手に入りやすいけど効き目がマイルド。

一方の市販薬は、不特定多数の患者が購入できると言うことで、多少効き目はマイルドになるよう成分が調整されています。
最近では、市販薬であっても効果の高いスイッチOCT薬というものが販売されています。
これは、薬剤師が常駐しているドラッグストアでのみ購入ができる薬で、しっかり対面で、薬の使用法や副作用について説明を受けた上で購入することができます。

やはりまずは診察を。

やはり、花粉症に悩んでいる人はまず、病院に行って診察をしてもらって、処方薬よって治療を開始するところからスタートしたいです。
通院の時間がとれないなどの理由がある場合には、スイッチOCT薬の購入も良いかもしれませんが、自分にあう薬を見つけて、以降は自力で購入したいという方であれば、なおさらしっかり知識を身につけておいたほうが無難です。

抗ヒスタミン薬とは?

現在、花粉症の薬として世の中に出回っているものの多くが、抗ヒスタミン薬と呼ばれるものです。
ヒスタミンとは、自分の身体にとって違和感を覚える物質が侵入してアレルギー反応が起きたときに、神経から放出されるものです。
これが原因となってくしゃみや鼻水、目のかゆみなど花粉症の症状を引き起こします。
そのヒスタミンの活動を抑制し、対処療法的にその症状を抑える役割を持っているのが抗ヒスタミン薬なのです。

副作用が少ない「第二世代」

この抗ヒスタミン薬は現在、第一世代から第二世代へと進化を遂げています。
第一世代は、ヒスタミン抑制に関して即効性があり、効果は認められていたものの、どうしても眠気を催すという副作用がつきまとっていました。
そのため、仕事や勉強、あるいは自動車の運転には向かないと言うデメリットがあったのは確か。
その副作用を抑えるかたちで開発が進められたのが、第二世代の抗ヒスタミン薬なのです。

主な抗ヒスタミン薬の種類

第一世代の中で、もっとも効果があり、使用された実例も豊富な薬にポララミンというものがあります。
もちろん、初期に開発され、今も変わらず愛用されているという点からしても、実に多くの症例があり、多数の患者がその効果を実感しているからこその証明といえます。
ポララミンは即効性があり、安全性の高い薬といえます。
第二世代を代表し、もっとも効果が高いとされているのがザイザルです。
現時点では、最新の抗ヒスタミン薬となるので、従来品が抱えていた課題を解決するために開発が進められたため、非常に副作用も低く、効果は高いという理想の薬となっています。

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

第二世代の抗ヒスタミン薬「アレグラ」

アレグラも副作用が少ないことで知られる第二世代の抗ヒスタミン薬です。
主に、自動車や電車を運転している人の花粉症治療に求められる薬です。
このアレグラには市販の薬局で販売されているスイッチOTC薬として「アレグラFX」があり、TVでもおなじみの薬になっています。
「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」などは、セチリジン塩酸塩を主成分とするジルテックと同成分。
ジルテックもアレグラ同様、副作用が少ないことで知られている第二世代の薬です。

人気・実績ナンバーワン
アレグラの通販
アレグラ
アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。 新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より使用しやすく身体に優しい薬になっています。

市販でも、効果が高い薬は?

市販薬はどうしても、誰もが気軽に購入できるため、かなり安全性に配慮された設計になっています。
過度な副作用を避けるために有効成分を少なくしている薬もあります。
それでも、以前とは比べものにならないくらいに効果の高い薬が市販されるようになっています。
また、オリジナルの薬が特許切れになったことで、他の製薬会社が同じレシピで製造できるようになったジェネリック薬も非常に安価で使い勝手が良い薬といえます。

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円