「アレグラ」はアレルギーを抑制して花粉症の症状を和らげるお薬です

このページでは、アレグラについて解説していきます。  [非表示
アレグラ
1箱 10錠
3.3
アレグラ

アレグラは服用後眠くなりにくく製造されているので、日常的に服用できるお薬です。

内容量…1箱に10錠
有効成分…フェキソフェナジン塩酸塩
分類…抗ヒスタミン薬(第二世代)
製薬会社…サノフィ

アレグラの副作用って?

アレグラの主成分であるフェキソフェナジル塩酸塩は体にあまり負担をかけずに、ヒスタミンの活動を抑制する働きを発揮します。
そのため、パイロットや電車・バスの運転手などの交通機関従事者や機械の操縦をするオペレーターに優先的に処方される薬となっています。
一般的には頭痛、眠気、腹痛、めまいなどの症状が報告されていますが、アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。
従来品の薬よりも、より身体に優しい薬になっています。

アレグラはどんな効果?

アレグラは様々なアレルギー症状に効果を発揮します。
たとえば、じんましんや皮膚疾患、アトピー皮膚炎によるかゆみを抑えるための薬として治療に用いられることもあります。
とはいえこのアレグラは、やはり花粉症の諸症状の抑制により効果を発揮するようです。

アレグラの飲み方は?

アレグラを服用するタイミングですが、基本的には食後となっています。
しかし、ある説によると食前に飲むのが望ましいとされています。
外国の研究結果にはなりますが、食前と食後ではおおきく15%も効果に差が現れるのだという説もあるほどです。
ところが、食前だと忘れてしまう人が多いため、食後に服用するよう指導する医師がほとんどのようです。

アレグラは錠剤の薬なので、水などと一緒に服用します。
成人男性であれば、60mgの錠剤を1日に2回。
服用してから約1~2時間で効果が現れ、くしゃみや鼻水が収まり、その状態が8時間程度持続します。

アレグラの価格は?

市販されているスイッチOCT薬である「アレグラFX」には、14錠入りのモノと28錠入りのモノがあり、一回に一錠を一日に二回飲みますから、おおむね一日あたり140円~200円前後で購入できる計算になっています。

アレグラのジェネリック薬ならば、さらに安価に手に入ります。