花粉症に効果抜群の「アレグラ」。つらい鼻水やくしゃみに効果を発揮します。!

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

抗ヒスタミン薬の効果

アレグラはフェキソナジンという物質を主成分とする抗ヒスタミン薬、すなわちアレルギーを抑制する医薬品です。
アレルギーは、体内に異物が侵入した際の身体の反応が過剰な状態になることを指します。
異物が体内に入ってくると脳内からヒスタミンが分泌され、それが鼻水やくしゃみなど、花粉症特有の症状を引き起こす原因となります。
抗ヒスタミン薬はこのヒスタミンを抑制することで、上記の症状を緩和するという働きを有しています。

より身体に優しい「第二世代」

アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。
新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より使用しやすく身体に優しい薬になっています。
このアレグラは従来の抗ヒスタミン薬を服用すると現れていた副作用、眠気や口の渇き、排尿作用が緩和されています。

様々なアレルギーに効果を発揮

このアレグラは様々なアレルギー症状に効果を発揮します。
たとえば、じんましんや皮膚疾患、アトピー皮膚炎によるかゆみを抑えるための薬として治療に用いられることもあります。
とはいえ、やはりこのアレグラ、今や国民病となりつつある季節性アレルギー鼻炎、すなわち花粉症の諸症状の抑制に効果を発揮します。

季節性、通年性、両方のアレルギーに効果を発揮!

現在はスギやヒノキのみならず、多くの種類の花粉に対してアレルギー反応を起こす人が増えています。
また、そういった花粉などを原因としない、通年性アレルギー鼻炎の患者も増えています。
この鼻炎の原因はダニやハウスダストだといわれ、これは住宅の機密性がアップしたことで拡大しているといわれています。
このアレグラは、季節性、通年性、両方のアレルギーに効果を発揮する薬です。

アレグラの効果が維持される時間

アレグラは経口薬で、水などと一緒に服用してから約1~2時間後に効果を発揮する医薬品です。
1回の服用で8時間から12時間、効果を持続します。
成人の場合、60mgの錠剤を一日に2錠のむことで24時間をカバー、仕事中や睡眠時も、くしゃみや鼻水など、花粉症の諸症状に悩まされることなく、安心して過ごすことができます。

手に入りやすいスイッチOCT薬「アレグラFX」

アレグラは病院で診断を受けた後に、医師が発行する処方箋に基づいて、調剤薬局が販売する薬です。
このアレグラの成分をベースに市販のスイッチOCT薬として販売しているのが「アレグラFX」です。
もちろん、病院で処方してもらうアレグラのほうがより効果が高いのですが、市販の「アレグラFX」も十分に効果を発揮します。
このスイッチOCT薬は、薬剤師がいる薬局で、対面式で販売される薬です。
販売の際には服用方法や副作用などの説明が入ります。

それでも、処方薬であるアレグラよりは幾分、効き目がソフトになっていますし、用法さえしっかり守って服用すれば、安心して利用できます。

花粉症に悩む患者が増えている

花粉症患者は十数年間に比べて、非常に増えています。
その原因についてはいくつかの説があるのですが、もちろんスギやヒノキといった原因因子となる樹木が増えているのでしょう。
高度成長期に植樹した樹木がちょうど成熟したタイミングに当たります。
しかも、国内の材木価格が一気に冷え込み、林業に従事する人の人工が急激に減りました。
増え続ける樹木の手入れせずに放置してしまった結果、花粉症患者がここまで増えてしまったという見方をする人もいます。

まずはしっかりした体調管理を。

また自動車の排気ガスの粒子が花粉と結合することで化学反応を起こしているという話も聞きます。
いずれにせよ、体調が悪かったり、寝不足が続いたり、ストレスによって免疫が落ちているときに、発症することが多いようです。
まずはしっかり体調管理をして予防した上で、それでもどうしても抑えきれなかったならば、アレグラなどの抗ヒスタミン約を服用し、苦しい時期を乗り切りましょう。

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円