花粉症に効果抜群の「アレグラ」。つらい鼻水やくしゃみに効果を発揮します。!

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

アレグラの効果

アレグラは、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎に効果を発揮するお薬です。
主成分であるフェキソフェナジル塩酸塩は、眠気などの副作用が非常に少ないことで知られています。
そのため、パイロットや電車、バスの運転手などの交通機関従事者や、機械の操縦をするオペレーターに優先的に処方されるお薬です。
蕁麻疹やアトピー皮膚炎によるかゆみを抑えるための薬として治療に用いられることもあるのですが、やはり花粉症治療薬としてのアレグラが特に有名です。

アレグラの効果が維持される時間

アレグラは、1日2回服用するお薬です。
服用後、約1時間ほどで効果が現れ始め、1回の使用で半日(約8~12時間)効果が持続します。
しかしこのアレグラ、いきなり飲んでも効果を発揮してくれません。
実はアレグラは、飲み続けることで効果が現れるようになるお薬なんです。
具体的には、1日2回の服用を3日ほど続けると効果を実感できるようになります。
アレグラを服用する際は、3日前ぐらいから飲み始めておきましょう。
即効性を求めるのであれば、同じ有効成分の「ザイザル」というお薬もあります。

アレグラとザイザルの違い

アレグラと同じような抗ヒスタミン作用を持つ薬として、ザイザルも有名です。
ザイザルは、アレグラよりも薬の効き目が高い強力なお薬です。
しかし効果が高いと同時に、アレグラよりも副作用が強めに出るため、さほど症状が重くないときにはアレグラの服用をオススメします

アレグラが効果を発揮するアレルギー

アレグラで最も代表的な効果は、アレルギー性鼻炎の症状を緩和することです。
花粉症による鼻水やくしゃみ、鼻詰まりの治療として服用されます。
その他にも、蕁麻疹や皮膚のかゆみを伴う疾患に対して効果を発揮します。
効果の幅が広く、さまざまなアレルギーに対して処方されています。

アレグラが処方される症状例
花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)
ダニ、ハウスダストなどの(通年性アレルギー性鼻炎)
蕁麻疹
湿疹
虫刺されによる炎症
痒疹(皮膚そう痒症)
アトピー性皮膚炎

2種類あるアレルギー性鼻炎

ここで、鼻炎が2つあることにお気づきでしょうか?
実は、アレルギー性鼻炎には「季節性」と「通年性」の2種類があるんです。
「季節性」はスギやヒノキなどの花粉が原因となる、いわゆる「花粉症」です。
「通年性」はダニやハウスダストが原因となり、1年を通して同じ症状が起こります。
アレグラは「季節性」「通年性」両方に効果がある、優れたお薬なんです。

アレグラとアレグラFX

アレグラは、病院で診察を受けて処方される処方薬です。
ドラッグストアでの購入はできません。
しかし、同じ有効成分をもつ「アレグラFX」はお店で購入ができます。
この「アレグラFX」は、アレグラよりもさらに効き目がマイルドになっているため、お店で取り扱うことが可能なんです。
処方薬のアレグラは、蕁麻疹やアトピーなどの皮膚疾患にも効果がありますが、「アレグラFX」はアレルギー性鼻炎専用のお薬です。
皮膚の疾患には効果が無いので、用途によって使い分けましょう。

アレグラ アレグラFX
入手方法 病院で診察を受けて処方してもらう ドラッグストアで購入可能
効果 アレルギー性の鼻炎や皮膚炎 アレルギー性の鼻炎のみ

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円