アレグラを格安価格で購入。通販なら安心簡単に入手できるんです。

このページでは、アレグラの価格について解説していきます。  [非表示

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

世界中で使用されているアレグラ

アメリカの製薬会社サノフィ・アペンティス者が開発したアレグラは、花粉症をはじめ、多くのアレルギー性疾患による諸症状を抑制。
効果は高く、副作用の少ない医薬品として、世界中から注目を集める薬です。
アレルギーの諸症状の原因であるヒスタミンの動きを抑制する抗ヒスタミン薬のなかでも、比較的新しい薬であるアレグラは、第二世代の薬と表現されます。

少ない副作用で最大限の効果を!

この第二世代の薬は、従来の抗ヒスタミン薬が持っていた欠点を補うカタチで開発が進められたため、副作用が少ない状態で、最大限の効果を発揮します。
特に、花粉症の薬としてよく治療に用いられており、薬剤師が在籍するドラッグストアで扱いが可能な、スイッチOCT薬である「アレグラFX」と同様、多くの花粉症患者から認識される薬となっています。

アレグラの価格比較

効果が高い薬ではありますが、やはり気になるのはお値段ですね。
市販されているスイッチOCT薬である「アレグラFX」には、14錠入りのモノと28錠入りのモノがあり、一回に一錠を一日に二回飲みますから、おおむね一日あたり140円~200円前後で購入できる計算になっています。
病院で処方されるアレグラの場合はどうでしょうか。
もちろん、適用範囲も有効成分の強さも違うので価格だけで比較するのはナンセンスかもしれませんが、たとえば14日分の薬を出してもらうと2,100円程度になりますから、一日あたり150円という計算になります。

処方薬はお金がかかる?

薬価だけでみるとスイッチOTC薬も処方薬もさして変わらないように見えますが、病院で薬を処方してもらうためには、初診料や診察料、処方箋料などが別途必要になります。
保険が適用されなければ総額で7000円くらいとなってしまうのです。
さらに比較対照として、アレグラのジェネリック薬を加えてみましょう。
ジェネリックとはオリジナルの薬の特許が切れたことで、オリジナルとまったく同じレシピで製造することが可能となった薬です。
オリジナルの薬には長期間にわたる開発費用が加味されていますが、自社開発してはこなかったジェネリックには開発費用が乗っていませんから、同じ効能が期待できながら、大幅に薬価が低くなるというメリットが生じるのです。

安価なジェネリック薬品。

アレグラのジェネリックは「フィキソナルジン錠」という名で流通しています。
三ヶ月間という長いスパンで考えると、オリジナルが5500円前後、市販のスイッチOTCで5600円前後の費用負担が生じますが、ジェネリックはこれに比べて3600円と圧倒的な安価を誇ります。

check point!!

3か月あたりの金額
オリジナル 5,500円前後
スイッチOTC 5,600円前後
ジェネリック 3,600円前後

アレグラのジェネリックはさらに安い

しかし、日本人はまだまだジェネリック薬に対する認識が薄く、中にはいまだ抵抗を持っている人もいます。
基本的にはオリジナルと同様のレシピを用いて製造しているため、粗悪な薬ではありませんし、開発費を含んでいるかいないかによって価格が大きく変わっていくということが理解できれば、受け入れることができるはずです。
特にこのアレグラのジェネリックに関して言えば、オリジナルのアレグラを開発した製薬会社の子会社が製造販売するという珍しいパターンとなっています。
したがって、もうほとんどオリジナルと何ら代わりのないジェネリック薬となっているのです。

通販で購入可能。

また、このアレグラのジェネリック薬はインターネット通販で購入することもできるので、忙しい社会人にとっては大変ありがたいです。
通販で購入できるジェネリックは、実は海外製品です。
日本では認可が下りていないジェネリックでも、数量の上限が決められた個人輸入というカタチで入手することができるのです。
一般的には個人輸入のジェネリックは他に比べて圧倒的に価格が安くなっていますが、なんといっても、病院にいかないでもオリジナルとまったく同じ効果を発揮する医薬品が入手できるのですから、これを利用しない手はありません。

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円