アレグラを格安価格で購入。通販なら安心簡単に入手できるんです。

このページでは、アレグラの価格について解説していきます。  [非表示

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

アレグラを購入するには

アレグラは、病院で診断を受けて処方されるお薬です。
副作用が少なく、非常に飲みやすいお薬ですので、花粉症に悩まされている人は是非購入したいところです。
でも、そのためにいちいち病院に通わなければならないのも面倒ですよね。
すでにアレグラを飲んだことがある人なら、なおさらです。
通院せずにアレグラを入手する方法はないものでしょうか?

通院せずに手に入るアレグラ

実はあるんです。
現在のところ、病院に行かずに入手するには
「スイッチOTC」
「個人輸入」
の2つの手段があります。
それぞれ、どんな方法なのか見ていきましょう。

スイッチOTCを入手する

まずは「スイッチOTC」について説明します。
「OTC」とは「Over The Counter」の略称で、翻訳すると「店頭」や「カウンター越し」という意味になります。
その名のとおり、ドラッグストアなどの店頭で購入可能なお薬です。
OTC薬の中には、最初は処方薬だったのが、途中からOTCに切り替わったお薬も存在します。
「スイッチOTC」とは、そんな途中からスイッチ(切り替わった)されたお薬のことを指します。

アレグラの「スイッチOTC」

アレグラの「スイッチOTC」には「アレグラFX」があります。
ドラッグストアで購入できるため、非常にお手軽に入手が可能です。
しかし、入手が簡単な分、効果もマイルドになっています。
処方薬の「アレグラ」は、鼻炎や皮膚炎に効果があるのに対し、「アレグラFX」は鼻炎にしか効果がない点に気を付けなければなりません。
「アレグラFX」のジェネリック医薬品である「アレルビ」というお薬も市販されていますが、こちらもはやり、皮膚炎には効果がありません。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、成分が公開されているレシピに基づいて作られた医薬品です。
既に安全性、有効性が確認された成分を使用していて開発コストが大幅にカットできるため、オリジナルと変わらない効果なのに非常に安価に手に入ります

アレグラのジェネリックは「フェキソフェナジン塩酸塩錠」という名前で流通しています。
製薬会社各社がアレグラのジェネリックを製造しているため、商品名の語尾に「EE」や「KN」といった文字を記載して、それがどのメーカーの商品かを区別しています。
安価でオリジナルであるアレグラと同等の効果が得られるのですが、入手には医師からの処方が必要です。
最近では個人輸入でも入手できるようですが、日本では認可がされていないので、オリジナルの服用をオススメします。

個人輸入で入手する

個人輸入と聞くと、何だか難しそうな気がしますが、要するに通販のことです。
アレグラは、日本では医師の処方が無いと入手できません。
しかし、個人が海外から医薬品を購入することは法律で認められいます。それが個人輸入です。
個人で海外とやり取りするのは大変ですが、現代では日本人向けの業者が輸入を代行してくれますので、「amazon」や「楽天」と同じ感覚で購入できます。

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

アレグラの価格比較

入手の手間もそうですが、やはり気になるのはお値段ですよね?
「処方薬」と「スイッチOTC」、「個人輸入」でのそれぞれの価格を算出してみました。

アレグラ価格比較

名称 1錠分の値段
アレグラ(処方薬) 65円
アレグラFX(市販薬) 67円
アレグラ(通販) 106円

一見すると、処方薬がいちばん安価に見えますが、ここからさらに「診察料」や「処方せん料」「調剤基本料」「薬歴料」などがかかります。
全て見積もると、2倍ぐらいかかる計算になります。
結局、処方薬は手間と費用を考えるといちばん高くつくと言えます。
そうなると二番手の「アレグラFX」が安そうですが、こちらは安価なかわりに効き目が低いという弱点があります。鼻炎のみをサッと和らげたい場合は有用ですが、もっと効果が高い薬となると、個人輸入のアレグラに頼る他ありません。
手間と効能を考えると、純正品のアレグラを通販で購入するのがいちばん効率的です。

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円