【アレグラの副作用】一般例から危険な症状まで徹底解説

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

身体にやさしい薬・アレグラ

アレグラは様々なアレルギー症状に効果を発揮する抗ヒスタミン薬です。
じんましんや皮膚疾患、アトピー皮膚炎によるかゆみを抑えるための薬として治療に用いられることもありますが、何と言っても今や国民病となりつつある季節性アレルギー鼻炎、すなわち花粉症の諸症状の抑制に効果を発揮します。
アレグラはフェキソナジンという物質を主成分とする医薬品で、アレルギーの諸症状を引き起こすヒスタミンの活動を抑制する薬です。

より使用しやすく身体に優しい薬

正しく理解するために、アレルギーの機能から説明しましょう。
アレルギーは、体内に異物が侵入した際の身体の反応が過剰な状態になることを指します。
異物が体内に入ってくると脳内からヒスタミンが分泌され、それが鼻水やくしゃみなど、花粉症特有の症状を引き起こす原因となります。
抗ヒスタミン薬はこのヒスタミンを抑制することで、上記の症状を緩和するのです。
アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。
新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より使用しやすく身体に優しい薬になっています。

一般的なアレグラの副作用

アレグラの主成分であるフェキソフェナジル塩酸塩はあまり脳に影響を及ばせることなく、ヒスタミンの活動を抑制する働きを発揮します。
そのため、パイロットや電車・バスの運転手などの交通機関従事者や機械の操縦をするオペレーターに優先的に処方される薬となっています。
アレグラの副作用にはどういったものがあるのでしょうか。
一般的には頭痛、眠気、腹痛、めまいなどの症状が報告されています。
さらに人によっては倦怠感や吐き気などを引き起こす可能性もあります。

check point!!

一般的なアレグラの副作用
頭痛、眠気、腹痛または倦怠感や吐き気に注意

子供の場合は医師に相談を。

子どもの場合、眠気や腹痛に加え、肝機能数値の異常などの副作用が見られる可能性があります。
また胃腸炎やぜんそくの悪化などの可能性もあります。
もちろん、子どもの場合、処方時に医師に相談し、指導を受けたうえで服用するのが望ましいのですが、ぜんそくや肝機能障害など既往症が確認される場合には、アレグラの使用は避けたほうが良いでしょう。
成人の場合、下痢や便秘など消化器系の場外やじんましんや痒み、頻尿などを引きおこす可能性があることが報告されています。

稀に発生するアレグラの副作用

アレグラは、副作用リスクの軽減を目的として研究開発が進められた第二世代の抗ヒスタミン薬です。
そのため、従来の薬に比べて少なくなってはいるものの、稀にアナフィラキーショックや黄疸、白血球の減少など重篤な疾患を引き起こす可能性がないわけではありません。
基本的には軽度な副作用であれば、それはある意味、薬効があることの裏返しと考えられるので、服用を中断すれば自然に副作用も消えていくものです。

副作用が続くようなら。

しかし、上記のような重篤な副作用が見られたり、あるいは服用を中断しても副作用が続いていく場合には、病院に行って医師の相談を受けたほうが良いでしょう。
アレグラなど抗ヒスタミン薬は、脳に働きかけて、アレルギーによる諸症状を抑制する働きをもつ薬です。
そのため、ごく稀にではありますが、悪夢を見るという副作用の報告があがっています。
幻覚をみるなど、強烈な副作用ではなく、実生活に悪影響を及ぼすようなものではありませんが、もしも悪い夢を見る夜が続くようであれば、その旨、念のために医師に相談しておきましょう。

花粉症薬は太る?

最近、花粉症薬を服用すると太るといったうわさが流れています。
アレグラと同じ、抗ヒスタミン薬の第二世代にカテゴライズされるザイザルという薬では、実際に体重が増加したという例も報告されています。
これは、ザイザルを服用することで食欲をつかさどる神経が刺激され、食欲が増進するというもの。
ですので、薬の影響によって身体がむくむということはないし、例え食欲が増進しても自分で気を付けておけば、むやみに太るということはありません。
このアレグラに関しては、そういった体重増加の評判が比較的少ないようです。

マイルドな効き目となるアレグラ

アレグラは他の多くの薬と違って、穏やかに利いていく薬で、それがゆえに副作用が少ないという要素も少なからずあると思います。
ですので、服用を開始してから、なかなか効果を実感できない患者さんもいることは確かです。
しかし、このアレグラはゆっくりではあってもやがて効果が実感できるということは多くの症例が実証しています。 あまりあせらず、ゆっくり治療を進めてください。
即効性を求めるのであれば、他にもそういった抗ヒスタミン薬があるので、そちらを利用すると良いでしょう。
このアレグラは病院で処方される薬ですが、同じ有効成分ではあるもののマイルドな効き目になっている市販薬「アレグラFX」があります。
こちらはほとんど副作用がないので、安心して利用ができます。

果汁やアルコールとの併用は避けて。

アレグラには飲み合わせによって効果を半減させる身近な飲み物があります。
実は果物のジュースに含まれている成分がアレグラの効果を半減してしまうという研究結果もあるほどです。
アレグラは脳内に働きかける薬なので、アルコールとの併用は避けたほうが良さそうです。
多くの薬がそうなのですが、飲酒によってその効果も半減されるおそれがあります。
アレグラを服用する期間においては極力、お酒はがまんしたほうが良さそうです。

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円