【アレグラの副作用】一般例から危険な症状まで徹底解説

このページでは、アレグラの副作用について解説していきます。  [非表示

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

アレグラは、身体に優しいお薬です

アレグラは穏やかに効果が現れるお薬です。
有効成分がゆっくりと浸透していくので、副作用も少しずつ現れます。
花粉症のお薬は、脳内のヒスタミンを抑制することで症状を和らげる効果を発揮します。
そのため、どうしても眠気や頭痛などの副作用からは逃れられません。
しかし、アレグラの主成分であるフェキソフェナジル塩酸塩は脳に及ぼす影響が少ないので、副作用が軽くて済むのです。
きつい副作用に悩まされることが少ないため、他の花粉症治療薬よりも身体に優しいお薬として多くの人に愛用されています。

他の薬と比較表

  • セレスタミン
  • ポララミン
  • アレロック
  • ジルテック
  • ザイザル
  • アレシオン
  • タリオン
  • エバステル
  • アレグラ
  • クラリチン
出典:ミナカラより作成

アレグラの副作用

アレグラは副作用が少ないお薬ですが、決してゼロではありません。
頭痛、眠気、腹痛、倦怠感や吐き気、むくみ、便秘など、抗ヒスタミン薬特有の副作用は確実に存在します。

一般的なアレグラの副作用
頭痛、眠気、腹痛、倦怠感や吐き気、むくみ、便秘など

胃腸炎や喘息を患っている子どもが服用した際に、症状が悪化する可能性が報告されています。
抵抗力が少ない子どもや、過去に病気を患ったことがある人は、服用の前に医師に相談しましょう。

その他の副作用として、下痢や便秘など消化器系の場外やじんましんや痒み、頻尿などを引きおこす可能性も報告されています。

稀に発生するアレグラの副作用

身体に優しいとはいえ、アレグラも立派な医薬品です。
副作用があることはもちろんですが、個人の体質によっても現れる症状が変わってきます。
もし、副作用が重く感じたら直ちに服用を中止しましょう。自然と症状が治まっていくはずです。

それでも副作用が治まらない場合、肝機能障害などの重い病気にかかっているかもしれません。
吐き気、嘔吐、むくみ、便秘は、これら重篤な病気の初期症状でもあるのです。
一向に副作用から解放れない場合は、できるだけ早めに医師に報告しましょう。

実際に報告があったアレグラの副作用
頭痛、眠気、倦怠感、めまい
吐き気、口の渇き
胃痛、胸痛、腹痛、下痢
悪夢、睡眠障害
かゆみ、蕁麻疹
肝機能障害、呼吸困難

これだけ見ると、ちょっと不安になりますが、これらは花粉症治療薬全般に現れる症状です。
アレグラは、その中でも副作用が現れにくいお薬と言えます。

アレグラは悪夢を見る?

アレグラを服用して、悪夢を見るようになったという報告があがっています。
これは、アレグラをはじめとする花粉症治療薬が、脳に働きかけて症状を改善する仕組みになっているからです。
アレグラは脳に作用しにくいお薬ですので、幻覚を見るなど、実生活に悪影響を及ぼすような症状は現れないはずです。
でも、やはり悪夢にうなされるのは気持ちのいいものではありません。
もしも悪い夢を見る夜が続くようであれば、別の病気の疑いがあります。念のために、その旨を医師に相談しておきましょう。

アレグラは太る?

花粉症薬を服用すると太るといった噂がよく流れています。
アレグラと同じ、第二世代の抗ヒスタミン薬「ザイザル」は、実際に体重が増加したという例も報告されています。
これは、ザイザルの有効成分が満腹を感じる機能を鈍らせてしまい、結果的に食欲が増進されて起きる現象です。
ザイザルの服用したからといって、直接太るということはありません
なにより、アレグラは食欲の増進も起きにくいお薬となっています。

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円