「ザイザル」を効果的に服用する為の飲み方を解説。

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

ザイザルの服用量

ザイザルには錠剤のものとシロップ状のものがあります。
大人は錠剤のものを、子供の場合にはシロップ状のものを服用するのが一般的になっています。
錠剤は一錠5mg、これを1日1回、就寝前に水などと一緒に服用します。

check point!!

大人の場合
錠剤を1日1回、就寝前に水などと一緒に服用

シロップは、年齢によって服用量が変わってきます。
通常、生後6ケ月以上、1歳未満で1回1.25mgを1日1回、1歳以上7歳未満では1回1.25mgを1日2回、朝食事就寝前に服用します。

check point!!

生後6ケ月以上、1歳未満 1歳以上7歳未満
シロップ1.25mgを1日1回 シロップ1.25mgを1日2回

7歳以上であれば、錠剤、シロップのどちらでも服用が可能です。
症状や年齢に合わせて、医師と相談しながら服用量を決めましょう。

ザイザルを飲むタイミング

ザイザル服用のタイミングは、就寝前がオススメです。
服用後、2時間ぐらい経つと眠気が強くなるので、飲んでから布団に入れば、生活に支障なく1日を迎えられます。
1回飲めば1日中効果が続くので、翌日の就寝前に再度服用すれば完璧です。
ただし、効果がありすぎて寝坊をしてしまわないようにだけ、気を付てくださいね。

ザイザルと一緒に飲んではいけない薬

副作用が少ないことで知られているザイザルですが、一緒に服用すると副作用を高めてしまう飲み合わせも存在します。

喘息治療薬の「テオフィリン」やエイズ治療薬の「リトナビル」、整脈治療薬の「ピルシカイニド」との併用は避けましょう。
睡眠薬や安定剤などに代表される向精神薬は副作用を強める可能性があります。
また、アルコールとザイザルを一緒に飲むと、中枢神経抑制作用が強く働くことがあるという報告がありますので、お酒を飲みながらの服用も避けましょう。

併用してもいい薬は?

効果が高いザイザルでも、個人差によって効き目が充分ではない場合があります。
その際は「アレグラ」を併用して効果を高める措置がとられることもあります。

人気・実績ナンバーワン
アレグラの通販
アレグラ
アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。 新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より使用しやすく身体に優しい薬になっています。

蕁麻疹対策やアトピー対策にも使われるザイザル

ザイザルは、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎にも高い効果を発揮する為、頓服やアレロックの代わりに処方されるケースも多いです。
皮膚科や耳鼻科からもお墨付きが出ているのは心強いですね。

ザイザルに近い効果のお薬たち

アレロック
花粉症市販薬コンタック鼻炎Z
クラリチン
セレスタミン
キプレス
アレルギール錠
シングレア錠
ジェニナック錠
セレスタミン配合錠
トラネキサム酸錠
青竜湯エキス錠

服用に注意が必要な場合は?

持病を抱えている人も服用に注意をしてください。

腎臓病、肝臓病、てんかん、高齢の人など。

服用前に必ず医師に相談して下さい。

妊娠中の女性は飲んでも大丈夫?

妊娠中の女性も服用に注意が必要と、用法に明記されています。
しかし、生活が困難なほど症状が重い場合は、服用も認められています。
その際は一度、医師に相談をしてみましょう。

小児は飲んでも大丈夫?

お子様の服用は問題ありません。

錠剤の場合、7歳以上15歳未満の小児は1日2回を朝食後か就寝前に服用します。

シロップの場合、6ヵ月以上1歳未満の小児は1回2.5mL(レボセチリジン塩酸塩として1.25mg)を1日1回服用。
1歳以上7歳未満は1回2.5mL(レボセチリジン塩酸塩として1.25mg)を1日2回、朝食後か就寝前に服用する。
7歳以上15歳未満は1回5mL(レボセチリジン塩酸塩として2.5mg)を1日2回、朝食後か就寝前に経口服用します。

錠剤の場合

年齢 用量 用法
7~14歳 1日2回 朝食後か就寝前

シロップの場合

年齢 用量 用法
6ヵ月以上1歳未満 1回2.5mL(レボセチリジン塩酸塩として1.25mg) 1日1回
1~6歳 2.5mL(レボセチリジン塩酸塩として1.25mg)を1日2回 朝食後か就寝前
7~14歳 5mL(レボセチリジン塩酸塩として2.5mg)を1日2回 朝食後か就寝前

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円