【ザイザルの副作用】眠気や頭痛、「ザイザル」の副作用や対策を紹介します

このページでは、ザイザルの副作用について解説していきます。  [非表示

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

副作用が少ないザイザル

「第二世代」と呼ばれる抗ヒスタミン薬の中でもっとも効果が高いといわれるザイザル。
花粉症のみならず、多くのアレルギー症状を抑制する働きを有する医薬品です。
体内に異物が侵入してきたときに過剰な反応を起こしてしまう現象をアレルギーと呼びますが、例えば花粉症であれば、花粉などの異物の侵入をキャッチした細胞がヒスタミンを放出。
それが鼻水やくしゃみ、目のかゆみの原因となります。
ザイザルをはじめとする抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンの働きを封じ込め、アレルギーによる諸症状を抑制。
このザイザルは、わずか1日1回の服用で1日中効果が持続。
薬の効果が半減するのが約7時間後となりますので、最適なタイミングで服用すれば、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの諸症状に悩まされることなく、仕事や学業に打ち込むことができる、花粉症患者にとって、大変ありがたい薬でもあります。

副作用は、高い効果だからこそ。

これだけ効果の高い医薬品なので、もちろん同時に副作用も存在します。
薬の副作用と聞くと、なんとなくネガティブなイメージを抱きがちですが、言うなれば、副作用があるということは、それだけ薬効があるということの裏返し。
ザイザルに限らず、効果の高い薬のほとんどが副作用を有しています。
しかし、製薬技術も各段にアップしたことで、近年では副作用の影響が小さな医薬品がどんどん開発され、世に出てきます。
薬の進化とは、効果がアップするのと同時に安全性のアップも意味します。

どんな副作用がある?

このザイザルは、抗ヒスタミン薬の中でも第二世代と呼ばれる、新しい薬です。
これまでの抗ヒスタミン薬の課題を解決したかたちで多くの患者から支持を集めています。
いったい、どのような副作用があるのか。

ザイザルの副作用の例

実際に報告があがっている事例をいくつか紹介していきましょう。
ザイザルの主な副作用として、眠気や頭痛、疲労や口の渇きなどがあることがわかっています。
この眠気については、脳内に移行することで、脳内のヒスタミンを抑制する必要があるため、どうしても睡眠を誘発してしまいます。
これは、抗ヒスタミン薬が登場した当初からつきまとう課題でした。
やはり服用後に強烈な睡魔に襲われてしまうと、せっかく鼻水やくしゃみなど花粉症の諸症状を押さえることができたとしても、仕事や学習に悪影響を及ぼしてしまいます。
自動車や公共交通機関を運転したり、あるいは重機のオペレーターの方々は、睡魔に襲われることで重大な事故に巻き込まれる可能性もあって、あまり服用できないという状況でした。

安全性を考慮した、新しい抗ヒスタミン薬。

ところがこのザイザルのように新しい抗ヒスタミン薬が登場したことで、多くの人が安心て服用できるようになりました。
もちろん、完全ではありません。
副作用として眠気を覚えることは確かにあるのですが、第一世代の薬に比べて、その点が大きく改善されています。

check point!!

一般的なザイザルの副作用
眠気や頭痛、疲労や口の渇きなど

ごくまれにアナフィラキーショックも。

また、ごくまれではありますがアナフィラキーショックを引き起こす可能性もあります。
アナフィラキーショックとは急激なアレルギー反応を指します。
軽度なものでは便秘や嘔吐、疲労感、重度になると気を失ったりする可能性もあるので十分な注意が必要です。
てんかんや痙攣性疾患の罹患歴を持つ人は、勝手な自己判断などせず、医師に相談したうえで服用するようにしましょう。

その他の副作用

また腎臓や肝臓の持病がある人にも、このザイザルは強すぎるかもしれません。
これも医師と相談の上服用するのが問題ないと思いますが、場合によってはザイザル以外いくつか存在する、他の治療薬を用いるという選択肢もあるかと思います。
また、最近、ザイザルを服用すると太ってしまうという評判を聞くようになりました。
実際に体重が増加したという例も報告されています。

食欲をつかさどる神経が刺激される?

これはザイザルのみならず、抗ヒスタミン薬全体にいえることではありますが、服用することで食欲をつかさどる神経が刺激され、食欲が増進するのです。
ですので、薬の影響によって身体がむくむということではありませんし、例え食欲が増進しても自分で気を付けておけば、むやみに太るということはありません。
この話を理解している女性も気にせず、ザイザルを服用しています。

飲み合わせの注意は?

飲み合わせによる重度な副作用はあまり報告されていませんが、テオドールというぜんそくの薬とサンリズムという不整脈の薬については、併用することで眠気やめまいを引き起こす可能性があります。
基本的には、このザイザルは医師の処方箋なしでは購入できないため、該当する薬を飲んでいる場合には、診療のときにでも、その旨を医師に伝えて、指導を仰いでください。
ザイザルはアレグラやクラリチンよりも多少は眠気が出やすいと考えられていますが、効果が高いわりに眠気が出にくいため、効果と副作用のバランスが非常に良い薬とされています。
もちろん、服用して、効果が表れる時間帯に運転することは避けること。
仕様書に書いてある用途・用量をしっかり守っていれば特に心配はありません。
ザイザルを服用して花粉症の悩みから解放されてください。

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円