時期によって違う花粉症の種類。あなたはどのタイプ?

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

花粉症のシーズンは?

「花粉症の季節がやってきました」とTVの情報番組やコマーシャルで放映されるようになると、「もう、そんな季節か…」と憂鬱な気分になります。
それって、なんとなく春先をイメージしがちですが、実はいまや花粉症の原因となる植物の花粉は一年中ばらまかれているような状況です。
どうして、花粉症といえば春先というイメージが定着しているのでしょうか。
それは、花粉症が世間を騒がし始めた当初は、春先に花粉を放出するスギやヒノキの起因する花粉症患者がほとんどだったからです。
花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれ、その名の通り、原因となるアレルゲンに反応することで症状が引き起こされる病です。
いまや国民の約4割が罹患しているとさえいわれ、まさに国民病のように認識されています。

アレルギーの原因はヒスタミン

そもそもアレルギーとはどういうものなのでしょうか。
人間の身体にはそもそも、ウィルスをはじめとする外敵から身を守るための機能が備わっています。
例えばくしゃみや鼻水などの症状は、風邪を引いたからそういう症状が現れるというより、体の中に入ってきた異物をくしゃみや鼻水によって外へ追い出そうとしたり、高熱を発して異物を死滅させようとするために現れるものです。
ところが、人によってはこれらの外敵に対して、過剰なまでに拒否反応を起こしてしまうケースもあります。
これが一般的にいうアレルギー現象というものです。
花粉症はアレルゲンとなる花粉に対して過剰なまでに反応してしまう人に起こる症状なのです。
花粉の侵入をキャッチした細胞がアレルギーを引き起こすヒスタミンなどを放出。
それが原因となって鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こします。

年々増えていく花粉の種類

現在は、スギやヒノキのみならず、約50種もの原因花粉があるとさえ言われており、その種類がさらに増えていく可能性があります。

春と夏に花粉が飛散する植物

春はもっとも花粉が多く飛び交う季節です。
そのため、多くの花粉症患者がその時期に、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状に悩まされます。
先に説明したスギ、ヒノキのほか、ネズやシラカンバ、ハンオキ、コナラなどがあげられます。
春を乗り切ったからといって安心はしていられません。
先に説明したように、今や50種以上の植物が花粉症の原因として認識されています。
そうなると、当然、春という季節だけに限定される話ではなくなってしまいます。

check point!!

春と夏に要注意
スギ、ヒノキ、ネズ、シラカンバ、ハンオキ、コナラなど

他にもこんな花粉に注意

夏を迎える直前になって花粉症の諸症状が現れた人は、カモガヤ、ハルガヤ、ホソムギなど。
夏の花粉症の原因となるのはイネ科の植物が多くなっているのが特徴のひとつといえます。

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

秋と冬に花粉が飛散する植物

もちろん、秋にも花粉を振りまく植物があり、このシーズンになって花粉症を発症する人もいます。
季節の変わり目なので、風邪を引いてしまったのかと勘違いしてしまう人もいますが、実はこの時期にも確実に花粉症の要因となる花粉は空気中にまき散らされています。
秋の花粉症を引き起こす植物は、ヨモギ、ブタクサ、オオブタクサ、カナムグラ、カラムシなど。
聞きなれない名前の植物も多いのですが、アメリカでは20人に1人がブタクサの花粉症を患っているといわれているほど、実はポピュラーな花粉症の原因植物なのです。

check point!!

秋に要注意
ヨモギ、ブタクサ、オオブタクサ、カナムグラ、カラムシなど

冬にも花粉は飛んでいる。

まさかとは思いますが、実は冬にも花粉は飛んでいます。
もちろん、他の季節に比べると圧倒的に数は少ないのですが、例え12月であっても、暖かい日には秋の花粉症を引き起こす植物の名残があったり、完全に枯れきってはいないイネ科の植物であったり、あるいはスギ花粉がフライング気味に拡散されるケースもあります。

どのタイプの花粉症なのかを知ること

つまり、今や一年中、花粉症の症状に悩まされる可能性があるのです。
まずは、自分がどの花粉に反応するのかを知り、どの季節に備えればよいのか準備を進めることが大切です。
どの花粉に対してアレルギーがあるのかは病院で検査をすればわかります。
また、過去に、春ではない季節に花粉症の症状が現れた記憶があるのであれば、上記のガイドを参照にしながら、チェックをしておくと良いでしょう。

花粉症のタイプを知って、事前に対策を。

自分の花粉症のタイプがわかれば、事前に対策を打つことができます。
世の中には多くの花粉症対策グッズが販売されていますし、花粉症の症状を抑える薬も事前に購入して用意しておくことができます。

発症原因をできるだけ排除。

花粉症の薬は、アレルギー症状を発する際に生成されるヒスタミンの動きを押さえるものです。
ヒスタミンが鼻水やくしゃみ、目のかゆみの原因なので、これを押さえることで、悩ましい症状をストップ。
仕事や勉強に集中できる環境を作ります。
花粉症は疲れていたりストレスを抱え、免疫が落ちているときに発症がしやすくなる病気です。
一度症状が現れると完治することなく、毎年、シーズンになるとなんらかの症状が現れるようになります。
現在、花粉症ではない方々でも突然、発症する恐れがあるので、覚悟は必要ですが、発症原因をできるだけ排除し、なるべき健康的な生活を維持しておいたほうがよさそうです。