【花粉症を今すぐ治療】タイプ別の治療法方法を紹介します

まずは自分の花粉症のタイプを知ること

いまや国民の約4割が悩まされているという花粉症。
もはや“国民病”と呼んでも過言ではありません。
花粉症の原因はアレルゲンと呼ばれる異物に対して身体が過剰なまでに反応してしまうというもの。
アレルゲン=花粉の侵入をキャッチした細胞がアレルギーを引き起こすヒスタミンを放出し、それが原因となって鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こします。

原因となる花粉は約50種も!

元々は、スギやヒノキが花粉をまき散らす春先に罹患する病気と認識されていましたが、現在は、スギやヒノキのみならず、約50種もの原因花粉があるとさえ言われており、今後、その種類がさらに増えていく可能性があります。
スギやヒノキについて、アレルゲンとなりうるのが、カモガヤやブタクサといったイネ科の植物です。
これらは夏から秋に花粉をまき散らして、花粉症を誘発します。
いまでは花粉とは縁がなさそうな冬でさえ、天気の良い暖かな日には秋の花粉の名残や春の花粉が先行して空気中にまき散らされることもあります。
つまりは一年中、花粉症の症状に悩まされる可能性があるのです。

自分がどのタイプの花粉症なのかを知ろう

したがって、治療の際にはまず、自分がどの植物の花粉に反応するのかを知るべきでしょう。
それは病院で検査をすることで反応します。
もちろん過去に、春ではない季節に花粉症の症状が現れた記憶があるのであれば、それに従うべきでしょう。
自分の花粉症のタイプがわかれば、事前に対策を打つことができます。
世の中には多くの花粉症対策グッズが販売されていますし、花粉症の症状を抑える薬もあるので、事前に購入して用意しておくことができます。

主な花粉症予防対策

では、花粉症予防に有効な手段はどのようなものでしょう。
確認してみましょう。
一度、花粉症になってしまった人はなかなか完治することは難しく、毎年、同じシーズンに発症しますから、しっかり花粉症の症状を軽くするためにまずは花粉が体内侵入してこないよう注意や工夫が必要です。
まずは、しっかり花粉情報をチェックするところからはじめます。
テレビやインターネット経由で「今日は花粉が多く飛散します」という情報が入ったならば、可能な限り外出は控えるようにしましょう。
もっとも花粉が多く飛び散る時間帯は午後の1時から3時の間といわれています。
一日中、出かけないというわけにはいかないでしょうから、せめてその時間帯にだけ外出をしないよう心がけてみてはいかがでしょうか。

花粉が飛びやすい日は?

ちなみに、花粉が飛散しやすい日の条件というものがあるので、簡単にご紹介しておきましょう。
花粉が多く飛散する可能性のある日の条件は、まず天気が晴、または曇りの日で、最高気温が高く湿度が低い日です。
また南風が吹いた後に北風になる日も要注意だそうです。
前日まで雨が降っていたのに急に天候が回復すると、そのような風向きの変化が見られるようになるようです。

check point!!

晴れか曇りで、高温で湿度が低い日は、花粉に要注意!!

それでも外出しなければならないときは。

なるべく外出は控えたほうが良いのですが、会社や学校がありますから、ずっと家に閉じこもっているわけにはいきません。
どうしても外出をしなくてはならないときには完全な防備で出かけて、体内への花粉の侵入を防ぎましょう。
マスクやメガネはもちろん、髪の毛に花粉が付着しないように、帽子をかぶるのも有効です。
マフラーやコートを身に着けて、できるかぎりつるつるとした素材の服を着用し、洋服の表面に花粉が付着しないようにしましょう。

帰宅後のケアも忘れずに。

帰宅したときは、部屋の中に花粉を持ち込まないよう玄関先でシャットアウト。
洋服についた花粉をしっかり払ってから家の中に入りましょう。
そしてすぐに洗顔やうがいをして、顔の表面やその周辺に付着している花粉を洗い流しましょう。
うがいをすればのどの奥に付着している花粉を洗い流すことができますし、できれば鼻の穴の中も洗うとずいぶん、楽になります。

自宅に花粉を持ち込まないのが鉄則

屋内に花粉を持ち込まないという観点からすれば、花粉のシーズン中にはドアや窓を開けっぱなしにせず、もしも換気が必要の際にはずぐに掃除をしましょう。
床にはたくさんの花粉が散らばっている可能性があるので、換気をしなくてもこまめに掃除をするのは大切です。
こまめに水拭きをすることで同時にハウスダストやダニアレルギー対策にもなります。
また、空気清浄機を活用し、家の中の空気をクリーンな状態に保つことも必要です。

洋服は外に干すべき?

この期間は布団や洋服を外に干す時には注意が必要です。
なるべく外には干さないほうが良いのですが、洗濯乾燥機がないと生乾きになってしまい、あまり衛生的とはいえません。
外に干した時には、取り込むときに花粉を取り払うようにしたいものです。
少し面倒ではありますが、わずかな期間の辛抱です。
花粉症の症状に悩まされるつらさに比べたら、それくらいのことはきっと我慢できるとは思います。

花粉症の治療(その1)投薬治療

花粉症の治療には基本、投薬による対処療法が中心になります。
早い段階で薬による治療を開始すれば、花粉のピーク時に諸症状を抑えることができます。
花粉症の薬は、アレルギー症状を発する際に生成されるヒスタミンの動きを押さえるものです。
ヒスタミンが鼻水やくしゃみ、目のかゆみの原因なので、これを押さえることで、悩ましい症状をストップ。
仕事や勉強に集中できる環境を作ります。
この抗ヒスタミン薬は現在、第一世代から第二世代へと進化を遂げています。
第一世代は、ヒスタミン抑制に関して即効性があり、効果は認められていたものの、どうしても眠気を催すという副作用がつきまとっていました。
そのため、仕事や勉強、あるいは自動車の運転には向かないと言うデメリットがあったのは確か。
その副作用を抑えるかたちで開発が進められたのが、第二世代の抗ヒスタミン薬なのです。

人気・実績ナンバーワン
アレグラの通販
アレグラ
アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。 新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より使用しやすく身体に優しい薬になっています。
人気・実績ナンバーワン
ザイザルの通販
ザイザル
花粉症のみならず、多くのアレルギー症状を抑制する働きを有するザイザル。 副作用が少なく、そのうえ効果も高いという進化形の抗ヒスタミン薬として注目を集めています。

花粉症に効く薬は病院で処方される薬と市中のドラッグストアで購入できる薬に大別されます。
一般的には、病院で処方される薬のほうが、しっかり診療をした医師の見立てによって処方されるので、比較的効果を実感しやすくなっています。
花粉症に悩んでいる人はまず、病院に行って診察をしてもらって、処方薬よって治療を開始するところからスタートしたいです。
通院の時間がとれないなどの理由がある場合には、ドラッグストアで販売されているスイッチOCT薬の購入も良いかもしれません。

アレグラ、ザイザルは安心通販薬局で購入できます。

アレグラ

アレグラ

アレグラはサノフィのジェネリック薬です。
お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

花粉症の治療(その2)アレルゲン免疫治療

医薬品投与による治療のほかに、アレルゲン免疫療法という治療法が存在しています。
これはアレルギーの原因となるアレルゲンを少しずつ体内に吸収させていくことでで、アレルギー反応を弱めていくという治療法です。
アレルゲンを体内に入れる方法には大きく二つの方法があります。
ひとつは注射によってアレルゲンを体内に入れる「皮下免疫療法」というもので、もうひとつは舌の下の粘膜から投与する「舌下免疫療法」というものです。
2014年からこの「舌下免疫療法」が花粉症の治療として保険適応になり、非常に話題になっています。
「皮下免疫療法」のように注射の痛みや通院の必要がないこと、そして副作用の発現率が低いため安全面からみても評価が高まっていますね。
もちろん、この治療法があらゆる人に効果をもたらすわけではありませんが、それでも多くの人に効果が出るといわれており、実際に花粉症の苦痛から逃れることができたという声も集まっています。
もちろん、これらのアレルゲン免疫療法は、すべての病院やクリニックで扱っているわけではないので、近所の病院で対応しているかどうか調べてから通院したほうが良いでしょう。