花粉症のお薬情報局

正しい知識で花粉症と戦おう。

花粉症は国民の約4割に症状が現れている「国民病」です。
まだかかっていない方は予防として、すでに患っている方は治療対策として、花粉症と戦うには正しい知識を持つことが大切な要素です。
ここでは、花粉症がどんな病気なのか、詳しく見ていきましょう。

花粉症を対策、治療するには?

花粉症は長く付き合わなければならない病気です。
出来ればかかりたくないものですが、具体的にはどんな対策をすればよいのでしょう?
まずは、花粉症のタイプを知ること。そして、なるべく花粉に触れないこと。
ここでは、花粉症予防の対策を紹介していきます。

花粉症の時期と種類をもっと知ろう!

辛い花粉症の季節…。
何となく春先を想像してしまいますが、実は花粉は一年中飛んでいるんです。
スギ、ヒノキのほか、ネズやシラカンバ、ハンオキ、コナラなど、春から夏にかけて飛来する花粉や、ヨモギ、ブタクサ、オオブタクサ、カナムグラ、カラムシなど、秋から冬にかけて飛来する花粉もあります。
自分がどの花粉に反応するのかを知り、それぞれの時期に有効な対策をたてましょう。

花粉症に良く効く薬は?

花粉症の治療薬は大きく2種類に分かれます。
ひとつが病院で処方される「処方薬」。
もうひとつがドラッグストアで購入できる「市販薬」。
一般的には、医師の判断のもとに処方される薬の方が効果を実感しやすいのですが、最近では「市販薬」であっても効果の高いスイッチOCT薬というお薬も販売されています。
自分の症状がよく分かっている場合は「市販薬」の方が手軽に安く手に入ることもあるので、まずは自分にどんなお薬が有効なのか探してみましょう。

アレルギーを抑制するお薬「アレグラ」

アレグラはアレルギー反応の原因となるヒスタミンを抑制することで症状を緩和するお薬です。
抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい「第二世代」と呼ばれるタイプに属しています。
新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より体に優しく服用しやすいお薬になっています。

人気・実績ナンバーワン
アレグラの通販
アレグラ
アレグラはこの抗ヒスタミン薬の中でも比較的新しい、「第二世代」と呼ばれるタイプの薬です。 新しく開発された医薬品は従来品の課題を解決し、より使用しやすく身体に優しい薬になっています。

アレグラの飲み方は?

アレグラは副作用の心配が少ないため、いつ飲んでも問題ないとされています。
でも、せっかくならいちばん良いタイミングで飲みたいですよね?
海外の研究結果によると、食前に服用すると最大限の効果を得られるとされているんです。

効果は服用後約8時間

アレグラは錠剤の薬なので、水などと一緒に服用します。
成人男性であれば、60mgの錠剤を1日に2回
服用してから約1~2時間で効果が現れ、くしゃみや鼻水が収まり、その状態が8時間程度持続します

アレグラ

アレグラ

アレグラは日常的に服用できるお薬です。
体に優しくて、お値段もお手頃♪
7箱:20,860円7,455円

アレルギーによる諸症状を押さえる「ザイザル」

ザイザルは、アレルギー反応の原因となるヒスタミンの働きを封じ込め、諸症状を押さえる「抗ヒスタミン」薬のひとつです。
このザイザルは、旧来の抗ヒスタミン薬を改良して誕生した第二世代の薬で、眠気などの副作用を起こしにくくなっています
アレルギーは現在、I型からⅣ型までの四種に大別されますが、ザイザルが効果はこのうちI型のみに有効です。
I型の疾患には、花粉症のほかに気管支喘息、蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎が含まれています。

人気・実績ナンバーワン
ザイザルの通販
ザイザル
花粉症のみならず、多くのアレルギー症状を抑制する働きを有するザイザル。 副作用が少なく、そのうえ効果も高いという進化形の抗ヒスタミン薬として注目を集めています。

ザイザルの飲み方は?

ザイザルは、錠剤のほかに子ども用のドライシロップが用意されています。
錠剤は就寝前に水などと一緒に、1日1回服用します。
ドライシロップは、年齢によって服用量が変わってきます
通常、生後6ケ月以上、1歳未満で1回1.25mgを1日一回、1歳以上7歳未満では1回1.25mgを1日2回、朝食事就寝前に服用します

ただし、ザイザルには一緒に飲むと好ましくない薬や成分もあります
ほかのお薬を併用する場合は、本当に問題が無いか確認が必要です。

ザイザル

ザイザル

ザイザルは花粉症の予防としても効果のあるお薬です。
お値段もお手頃♪
3箱:8,940円6,750円

どうして花粉症になるの?

人間の体には、ウイルスをはじめとする外敵から身を守るための機能が備わっています。
例えば、くしゃみや鼻水、熱なども人間の持つ防衛機能です。
体の中に入ってきた異物をくしゃみや鼻水によって外へ追い出そうとしたり、高熱を発して異物を死滅させようとしたり。
その機能が過剰なほど働いてしまっている状態が「アレルギー反応」です。
花粉症もまた、人間の防衛本能によって引き起こされるアレルギー反応のひとつなんです。

なるべく健康的な生活を

花粉症は非常に厄介な疾患のひとつです。
疲れやストレス、生活習慣の乱れによって免疫力が落ちていると発症しやすくなり、一度症状が現れると完治することはありません。

今はまだ花粉症ではない人でも突然発症する恐れがあるので、発症原因をできるだけ排除し、なるべく健康的な生活を維持することが花粉症対策には大切です。